茨城県出張マッサージでリフレッシュ!
茨城県出張マッサージは、多忙なビジネスパーソンにとって、疲れを癒す貴重な手段となっています。特に50歳を迎えた男性の私にとっては、仕事のストレスや体の疲労が蓄積しやすい年代です。そんな中、茨城県出張マッサージを利用することで、プライベートな空間で専門の技術を受けられるのは、とても大きなメリットです。自宅や出張先のホテルで、茨城県出張マッサージでリフレッシュして、翌日からまたバリバリと仕事ができるのは、かなりうれしいものです。実際に利用した体験談を語ると、出張マッサージには、サービスの質や施術の技術の高い方が来ていただけました。そして、くつろげる雰囲気にしてもらい、気持ちの良いマッサージをしてもらえます。時には眠気に襲われるほどの気持ち良さが味わえる場合もあります。来られる方々は、ステキな方ばかりで安心感もあります。茨城県出張マッサージを受ける前には、あんなにたまっていた疲労が、すっかり取れてベストコンディションになった時の素晴らしさ、そして、施術者への感謝の気持ちは今でも忘れられません。また、ぜひ利用させてもらいたいと思います。出張マッサージを利用した事が無い方々は、一度体験してみて、この素晴らしさを味わってください。
出張マッサージでリラックス!茨城県おすすめセラピストのエステ施術

茨城県出身の徳川光圀の本当の姿を茨城県の名所とともに廻ります。

ドラマの「水戸黄門」で有名な徳川光圀は今は茨城県でもある水戸で、初代水戸藩主の徳川頼房の三男として生まれ、34歳で水戸藩主になりました。ドラマの中では助さん、格さんの2人の若侍を連れて、諸国を回っていましたが、実際は藩の政治に力を注ぎ、名君と言われていました。今回は光圀のゆかりの茨城県の名所を回りたいと思います。
まず、最初は笠原水道です。水戸市笠原町にあります。光圀が築いた物で、その水源地が残っています。
その次は西山荘です。常陸太田市新宿町にあります。1690年、光圀は兄の頼重の子の綱條に家を譲り、水戸の北のおよそ20キロの山里に草葺きの隠居所、西山荘を作って入り、農民たちと親しみ回りながら、晩年を送りました。今の西山荘はそのときの物ではなく、復原されています。
その次は光圀の墓です。常陸太田市瑞竜町にあります。国指定になっています。
その次は徳川博物館です。水戸市見川町にあります。のち、水戸に移された彰考館があったところで、光圀が大勢の学者を集めて取り組んだ「大日本史」の資料や光圀の遺品などが展示されています。